ダイエットサプリは法律的な部分からみると「栄養補助食品」です。
医薬品類とは違いますから、比較的に安心してダイエットのサポーターとして取り入れていただけることでしょう。
しかし、副作用がゼロとは言えないダイエットサプリも存在をしているのです。
ここで、ダイエットのサプリの副作用という部分について考えていきましょう。

1.海外製サプリメントについて
海外製サプリメント全てが有害で副作用があるというわけではありません。
その中でも「日本では販売が許可されていない」ものを指します。
今では、こうしたダイエットのサプリも個人単位で購入しやすくなりましたので覚えておくと良いでしょう。
海外では副作用の事例などが無くとも、体型・体質の違いなどがありますから、日本人が服用をすると副作用が出てしまうということも十分に考えられるのです。

2.新成分のダイエットのサプリ
新しいと効果がありそうなイメージもありますが、摂取した経験がある人も少ないですし、作用・副作用情報などが万全でないともいう事が出来るでしょう。
絶対的に副作用がおきるというわけではありませんが、アレルギー体質だ・処方薬を日常的に飲んでいるなどという場合ですと、大きな健康被害が生まれる可能性もありますので留意しましょう。

3.西洋ハーブや漢方類のダイエットのサプリについて
ハーブや漢方類は植物由来ですから、人体に大きな影響はないとも考えられています。
しかし、利用者によっては副作用が出てしまう可能性もあるのです。
そのケースが「処方薬を飲んでいる」という場合です。
処方薬とハーブ・漢方を合わせて服用してしまうことによって、それらが科学変化を起こしたような状態が体内でおき、身体的な症状が出てしまうということも報告されています。
特に、精神安定剤と西洋ハーブの組み合わせなどがよくないことは有名なところでしょう。
このような形での副作用もありますので成分は確認しておきましょう。

関連記事