Pocket

ダイエット方法と一言で言っても、さまざまな方法があるものです。

運動を取り入れたものや、入浴をメインとしたもの、さらには意識的な改革から始めるダイエットなどもあります。

こうして、方法はいくつもありますが先ず考えていただきたいダイエット成功ポイントというものがあるのです。

それが「食生活」です。

太る原因についてですが、消費カロリーよりも摂取カロリーが上回ってしまうからというのが大半でしょう。

運動をして消費カロリーを上げるというのも得策ではありますが、運動をしてまた食べ過ぎて・・・という事にもなりかねません。

ですから第一に食生活を見直していただきたいのです。

自分の食事の習慣というものを知ることによって、どの部分を改善すればダイエット成功につながるかなども見えてくるでしょう。

炭水化物が多いや脂質が多い場合、さらには糖質が多い場合などたくさんのケースがあるかと思います。

食事の習慣の「癖」をしることによって、ダイエット方法をチョイスしやすくなりますし、またダイエットサプリを取り入れるにしても、どのようなサプリを選べば良いのかなど適切な選択が出来るのではないでしょうか。

無意識で間食をしているなどという事にも、食生活を見直してみると気がつくこともあるでしょう。

「このくらいの量だから」と少量を口に入れていたつもりでも、それが何度もとなると結果として摂取カロリーは大きいということになってしまいます。

これも習慣の1つとなっている可能性もあるでしょう。

ダイエットを計画している方はもちろんですが、今ダイエットに励んでいると言う方も改めて食生活を見直してみてはいかがでしょうか。

さらに効率的に進められるポイントが見つかるかもしれません。

スリムになりたいなら断食はダメ!ぜったい!

手っ取り早いダイエット方法は食べる量を減らすことです。

食事制限なしで痩せられれば嬉しいですが、そうもいきません。

しかし、食べる量を極端に減らすことは逆効果になることを知っておきましょう。

■断食には意外な落とし穴がある
断食をして一切食べなければ、体重は必然的に落ちます。

しかし、食べないダイエットは危険なので絶対にやらないでください。

断食をすれば栄養のバランスが一気に崩れてしまい、基礎代謝が低下するのです。

基礎代謝が低下してしまうと、筋肉が減ってしまい脂肪がなくなりにくくなるのです。

つまり体重は減っても身体が引き締まらないので、体型がスリムになりません。

さらに断食をおすすめしない理由はリバウンドが確実だという点です。

体重が減っているのは食べていないからで、食事制限なしの状態に戻れば、一気にリバウンドします。

さらに、女性は生理不順や肌荒れなどにつながるので美しく痩せることができず、体に悪いです。

■断食ではなく健康的に痩せましょう

食事制限なしでも痩せられませんし、食事制限をしすぎても危険なので、栄養は取りつつ健康的なダイエットを心がけましょう。

リバウンドなしで無理なく、食事と運動のバランスを考えて体重を落としていくことをおすすめします。

食べるときは食べよう

ダイエットをして結果を出したい。
そのような時、多くの方が実践されるダイエット方法として「食事制限」があると思います。

食生活を見直すことや、カロリー・栄養のバランスを考えることはダイエットの効率化にもつながりますし良いことともいえるでしょう。

しかし、ダイエット成功へのポイントの1つとして「食べるときは食べる」というものがあるのです。
ダイエット期間中に外食をしたり好きなものを食べることそのものに罪悪感やルール違反のような意識を抱くこともあるでしょう。

しかし、その必要はないのです。

我慢をしすぎてしまうと、逆に食べ過ぎきっかけを作ってしまうことも考えられます。

リバウンド経験者の声をきくと、先のようなきっかけもあがってくるのです。

また「我慢をする」ということでストレスをためてしまう可能性もでてきます。

それでは、健全なダイエットをすすめているとは言いがたくなってしまうでしょう。

食生活という視点からダイエット成功を考えた時「習慣」というものが重要なキーワードになってきます。

日ごろの生活の中において、太りにくい・痩せやすい食習慣を作ることが大切なのです。

ですから、習慣化させない程度であれば食べても構わないということがいえるのです。

当然ながら、いつも外食をして好きなものを口にいれる・・・というのではダイエット成功にはつながりません。

時折、食べる程度であれば問題ないと認識しておくとよいでしょう。

その翌日から調整をしていけばよいのですし、今ではカロリーカットや代謝率を高めて脂肪や糖質の分解機能を向上させてくれる効果が期待できるダイエットサプリもありますので、取り入れてみるとよいでしょう。

付き合いなどで外食をする機会もあるかと思います。
そのような時、抵抗感や罪悪感なしで楽しい時間を過ごしつつ、メリハリを持たせるように意識していきましょう。

意識的に満腹感が生まれることによって、スムーズにダイエットを進めることができるでしょう。

一番いい方法は食べる量を減らした方が楽

ダイエットをする際に、「運動する」「食事を減らす」ことは避けては通れない永遠の課題です。
食事制限なしで運動もせずに減量できれば一番いいのですが、そんな魔法のようなことは起こりません。
そこで運動と食事を減らすことどちらのほうがやりやすくてリバウンドも少ないのか見ていきましょう。

■継続的に運動するのは大変です
減量するために、ジョギングなどの有酸素運動や筋トレを毎日続けて基礎代謝をあげることは、なかなか難しいです。
やらなきゃ体重が減らないのはわかっているし、お腹周りの脂肪をはやくなんとかしたい気持ちはあっても、運動を続けることは大変です。
もちろん運動は健康な体を作るためにはやったほうがいいですよ。
しかし、ダイエットの結果としてすぐに効果が出にくいので、運動そのものが好きな人でないとなかなか続きません。

■食事量を減らすことを意識しましょう
食事制限なしのダイエットがあれば、多くの女性が救われるのは明らかです。
しかし、実際は食事制限なしで消費カロリーを上げるために運動するよりも、食事量を減らすほうが明らかに簡単なのです。
減量に成功して脂肪も落ちてスリムになった身体をイメージしたり、夏にかわいい水着を着て彼氏と海に行きたいなど目標を持てば、多くの人にとって多少の食事制限は簡単な場合が多いといえます。

炭水化物を減らすことを意識しましょう

血糖値という言葉を聞いたことがありますか?
実はこの言葉が正しいダイエットをするうえで重要になります。
食事制限なしで痩せるというわけにはいきませんが、正しい食事制限ダイエットに血糖値の知識は欠かせないため知っておきましょう。

■太る原因になる炭水化物と糖質を減らそう
あなたは普段の食事でどんなものを食べていますか?
女性ならランチはパスタやパンなどで済ますことも多いでしょう。
また、おいしいものを飲み食いする女子会のあとに締めのお茶漬けやラーメンを食べるのが至福の時なんて人もいるかもしれません。
しかし、ダイエットには、お米、麺、パン・イモ類などの主食のとりすぎは要注意です。
お米、麺、パン・イモ類は炭水化物や糖質を多く含んでいるので、減量中には控えることをおすすめします。
そのため、これらの主食ではなくおかずをメインに食べましょう。
おかずである肉・魚・豆腐・野菜・チーズ類などには、タンパク質と脂質などが主に含まれています。
基礎代謝を高めるために筋肉量を減らしている状況では、このタンパク質が体づくりには欠かせないためしっかり摂取しましょう。

■血糖値の上昇で太るワケ
太る原因になるの炭水化物と糖質を摂取すると血糖値が上昇し、体内ではそれを抑えるためにインシュリンが分泌されます。
インシュリンは別名「肥満ホルモン」と呼ばれ、余った糖質を中性脂肪に変えてしまうのです。
そのため、脂肪が蓄積されてしまい痩せない身体になりがちです。
糖質を制限すればインシュリンの分泌が減って、脂肪がエネルギー源として燃焼されるようになるので、ダイエット効果が高まります。
食事制限なしで痩せられるのが理想ですが、食べるものの種類をうまくコントロールして痩せるのもひとつの方法ですよ。

新常識1日5食ダイエット

今ではダイエットの方法も個々にあわせたものを選びやすくなりました。

心身ともに負担をかけないダイエットというものが人気となっているのですが、その中の1つに「1日5食ダイエット」というものがあるのです。

では、1日5食ダイエットとはどのようなダイエットなのでしょうか。

その名前を聞くと「5回も食べたら太ってしまうのでは?」と思われるかもしれません。

何も食事量やカロリーを増やすというものではなく、1日3食のお食事を5回に分けて食べるというのがその基本的な方法になるのです。

分けて食べることによって、無駄な間食を抑えることもできますし、ある程度の満腹感を与え続けることが出来るというわけです。

ついつい食べ過ぎてしまうや消費カロリーと摂取カロリーのバランスが崩れてしまいがちだという方にもおすすめです。

少しずつ食べ進めていくという方法ですので、お仕事をされていたり学校に通われたりしていると5回に分けることが難しいという方もいらっしゃるでしょう。

そのような際には、ダイエットサプリを効率よく使ってみるというのも良いかもしれません。

ダイエットサプリの中には、満腹感を与えつつもカロリーは抑え目、そして栄養バランスも抜群というものもあるのです。

こうしたダイエットサプリを取り入れていただきながら「1日の総摂取カロリー」を調整してみてください。

白米などはおかゆに差し替えたり、お野菜を多く摂取したりということで更なる効果を実感していただけるかと思います。

1日のお食事スタイルを変えることなくスムーズにダイエットを進めることが出来ますので、イライラからリバウンドしてしまうなどという可能性も低いので人気も高まっているのです。

健康的な部分においても不安が少ないダイエット方法ですから、実践もしていただきやすいのではないでしょうか。

ダイエットのサプリを効果的にとりいれながら、1日5食ダイエットにチャレンジしてみるのも良いかと思います。

単独ダイエットは危ない

今では、さまざまなダイエット方法があります。

また、ダイエットサプリなども自分のスタイルに合わせたものをチョイスしやすくなりましたので、以前よりも快適なダイエット環境が用意しやすいことでしょう。

一昔前「これを食べるだけで短期間で大幅な減量が出来る」などというダイエット方法がブームとなりました。

たとえばリンゴダイエットなどです。
これは、3日間から7日間程度、リンゴのみを食べるという方法です。

実際に試して減量したという方もいらっしゃるでしょう。

しかしながら、このような「単独ダイエット」はあまりおすすめできません。

良いダイエット方法とは言いがたいのです。

その理由についてですが、まずは健康面の問題です。
どうしても栄養が偏ってしまいますので、健康被害などが懸念されます。

スムーズに体重が落ち居ていくと、そのまま継続させる方も少なくありません。
しかしこのことによってさらにバランスを崩し最終的に栄養失調になることも考えられます。

女性の場合は、生理がこなくなってしまったり不順になってしまうなどということもあるでしょう。

ダイエットはあくまで身体が健康な状態をキープして進めていくことが大切なのです。

また、リバウンドの危険性も高いといえるでしょう。
通常の食事に戻したら体重も戻ってしまったという方も多いのではないでしょうか。

それは当然のことなのです。
足りなかった栄養を身体が吸収しようとしますので、どうしても体重が増えてしまうわけです。

さらにはストレスという意味合いにおいても圧迫感を与えてしまう恐れがあります。

このように、様々な悪影響が考えられますから単独ダイエットはおすすめできないです。

体重を落とすというばかりではなく、それをキープすることや痩せやすく太りにくい身体を作ることを考えて進めていくようにしたいものです。

栄養バランスに気をつけながら、足りない部分はダイエットサプリなどを取り入れつつ健全なダイエットを計画しましょう。

関連記事