ダイエットをして結果を出したい。
そのような時、多くの方が実践されるダイエット方法として「食事制限」があると思います。
食生活を見直すことや、カロリー・栄養のバランスを考えることはダイエットの効率化にもつながりますし良いことともいえるでしょう。
しかし、ダイエット成功へのポイントの1つとして「食べるときは食べる」というものがあるのです。

中には、ダイエット期間中に外食をしたり好きなものを食べることそのものに罪悪感やルール違反のような意識を抱くこともあるでしょう。
しかし、その必要はないのです。

我慢をしすぎてしまうと、逆に暴飲暴食のきっかけを作ってしまうことも考えられます。
リバウンド経験者の声をきくと、先のようなきっかけもあがってくるのです。
また「我慢をする」ということでストレスをためてしまう可能性もでてきます。
それでは、健全なダイエットを進めてるとは言いがたくなってしまうでしょう。

食生活という視点からダイエット成功を考えた時「習慣」というものが重要なキーワードになってきます。
日ごろの生活の中において、太りにくい・痩せやすい食習慣を作ることが大切なのです。
ですから、習慣化させない程度であれば食べても構わないということがいえるのです。

当然ながら、いつも外食をして好きなものを口にいれる・・・というのではダイエット成功にはつながりません。
時折、食べる程度であれば問題ないと認識しておくとよいでしょう。
その翌日から調整をしていけばよいのですし、今ではカロリーカットや代謝率を高めて脂肪や糖分の分解機能を向上させてくれる効果が期待できるダイエットサプリもありますので、取り入れてみるとよいでしょう。

社会的なお付き合いなどで外食をする機会もあるかと思います。
そのような時、抵抗感や罪悪感を抱かずに楽しい時間を過ごしつつメリハリを持たせるように意識していきましょう。
意識的に満足感が生まれることによって、スムーズにダイエットを進めることができるでしょう。

関連記事