快適なダイエットを進めるためにも、先ずは自分自身の太った原因を知っておくことは大切であるといえるでしょう。
肥満になってしまう原因は様々ありますが、一番多いタイプなのが「過度の食事量によるカロリーオーバー」です。
例え、和食はヘルシーだなどと言っても摂取量が多くなれば当然ながらカロリーオーバーとなってしまいます。
また、ジャンクフードなどは満腹感を得にくいこともあって知らず知らずのうちに食事量が多くなっていたという方もいらっしゃるでしょう。
食事量が増えてしまうと、消費カロリーと摂取カロリーのバランスが優れてしまうのです。
ダイエットを進めたり健康な体型を維持するという事を考えると、机辺的には摂取カロリーよりも消費カロリーのほうが多い・同等程度であるという事が良いのです。
しかし、肥満となってしまうと、圧倒的に摂取カロリーが多くなっているのです。
身長や年齢または性別から労働環境においてまで、必要な摂取カロリーは若干異なってきますが、インターネットなどで参考にできるデータや診断チェックなどもありますから一度把握しておくと良いでしょう。
また、医療機関で検査を受けてみるというのもおすすめです。
さらには、ダイエットサプリなども積極的に取り入れるのも方法といえるでしょう。
もしかしたら、そこまで食事量は多くないのにという方もいらっしゃることでしょう。
そうした時にはメニューそのものに着目してみましょう。
白米に揚げ物ばかりなどとなると、炭水化物や脂質の過剰摂取傾向にあるという事が言えます。
結果として食事量のバランスが崩れているといわざるを得ないのです。
食事量をセーブすることは難しいように感じますが、食べ順を考えたりよく噛んで食べること、さらには「ながら食べ」をしないことなど小さな意識変化だけでも満腹中枢に働きかけを行えますので、もし食事量が原因で肥満傾向にあるという方は実践してみると良いでしょう。
もちろん、肥満防止のために意識をするというのもおすすめです。
食事日記などをつけてみるというのも分かりやすくてよいでしょう。

関連記事