肥満となりうる原因はさまざまあります。
イメージとしては、脂っこいものや糖質を多く摂取しているなどというものがあるでしょう。
いくつかの原因の中の1つとして「基礎代謝の低下」というものが考えられるはご存知でしょうか。
基礎代謝が低下してしまうと、体内の代謝バランスが崩れてしまいます。
消化・分解の活動率も低下してしまいますので、肥満につながってしまうというわけです。
また、代謝率は血液循環や、腸内環境などにも大きな影響があるのです。
例えば、冷え性や便秘症なども基礎代謝率が低下しているからという事も考えられます。
特に便秘症の場合、善玉菌が減ってしまい悪玉菌が増え、体内をさび付かせてしまい悪循環を招くこともあるのです。
こうした結果、肥満になりやすくなったりドロドロ血の要因ともなるのです。
さて、基礎代謝率の低下ですがその原因もさまざまです。
加齢ということももちろん考えられますが、寝不足・夜更かしなどという不摂生からも基礎代謝は下がってしまうのです。
偏食傾向がある・暴飲暴食傾向があるという食生活からも起因します。
さらには、ストレスなどといった精神的背景も基礎代謝に影響を及ぼすといわれているのです。
基礎代謝の低下からくる肥満を改善するには、やはり代謝率を上げていただく努力が必要となるでしょう。
規則正しい生活を心がけることですとか、食生活の改善・ストレスの解消・睡眠の質の向上・運動を取り入れるなどが良いでしょう。
また、代謝を浴する効果が期待できるダイエットサプリを取り入れていただくのも良いでしょう。
生活バランスが保ちにくい環境にある場合にはダイエットサプリはかなり有効的な手段となってくれるのです。
このように、基礎代謝という部分から肥満となってしまうケースもありますので、ダイエットをする際にも注目してみると良いポイントともいえますし、健康ということを考えた時にも大切にしたいポイントともまたいえるでしょう。

関連記事