肥満の原因の1つとして考えられるものが「慢性の便秘」です。
便秘症状についてはご存知の方も多いと思いますが、この慢性便秘についての詳細は分からないということもあるでしょう。
慢性便秘と一言でいっても、いくつかの種類に分けることが出来るのです。
代表的なものとしては「習慣性便秘」でしょう。
便意を暫く我慢すると消えてしまうのです。ですから、我慢し続けることによって便意そのものがなくなっとしまい便秘に陥ってしまうというわけです。
次に「弛緩性便秘」です。
下剤を使用しすぎてしまうと、腸の運動機能が弱まってしまいます。
そして腸全体が下に下がってしまい「ぽっこりお腹」の原因ともまたなってしまうのです。
年齢によっても弛緩性便秘になるレースもあります。
現代人に多くなっているといわれるのが「けいれん性便秘」でしょう。
要因はストレスからで、中には下痢と便秘を繰り返すという方もいらっしゃるのです。
最後に「器質性便秘」にもふれておきましょう。
これは、病気が要因となり便秘になってしまうケースです。
ポリープなどが出来てしまうことによって、便が排出されない状態になるのです。
便を貯めてしまうことによって悪玉菌が増殖してしまい、それが体内に充満すると全体の身体機能が低下します。
代謝率なども低下してしまいますから、結果として肥満になるきっかけを作ってしまうというわけです。
もし、このような傾向があるようでしたら、症状改善をしていただくことをおすすめしたいと思います。
ダイエットサプリの中でも、便秘解消に役立つ乳酸菌成分配合のものなどが製品化されています。
下剤のように腸に負担をかけることもありませんし、スムーズなお通じを目指していただくことが出来るでしょう。
ダイエットサプリを取り入れることによって、一気に改善されるという事はありませんが徐々に体内環境を正常化させ肥満解消や予防に役立ってくれることでしょう。
合わせて生活習慣を見直すと効果的です。

関連記事